色が変わる

全ての画像が色が変わる訳ではありませんが、

画像によっては、完成予想画像と比較して、色が違って出来上がります。

特に手帳型で濃い色の時にその傾向があります。

 

①完成予想画像は、完成を保証する画像【完成画像】ではありません。

完成予想画像は、カメラの穴や配置を御確認頂く為のものです。

 

②完成予想画像は、スマホやパソコンでそのまま見て確認が出来るよう、

RGBというデータ方式でお送りしております。

カバーを印刷する際は、CMYKという方式で印刷しています。

どちらも色を表現する方式なのですが、

同じ色でも、RGBとCMYKでは、微妙に色合いが変わります。

見た目と実際のカバーの色が違う理由の一つです。

 

③完成予想画像は、どちらかというと、紙に印刷した時の色合いに近いです。

普通のプリンターは【顔料インク】が多いのですが、弊社のインクは【染料インク】を使用しています。

お作りするのは、ポリカーボネイト樹脂製、ポリウレタン樹脂製、合成皮革です。

紙と、それ以外の素材では、色を吸ってしまったりするなど、紙とは違いますので、色は変わります。

 

手帳型の場合、合皮ですので、色合いが変わる大きな理由の一つです。

 

④弊社の使用してる特殊インクが、色合いの変化に影響しています。

様々な試行錯誤して、色合いが変わらないように日夜努力はしておりますが、

1677万色をコントロールする事が出来ない為、事前に告知しております。

 

 オーダーメイドは、万能ではありません。出来ない事もあります。

100%ご希望のものが出来るとは限りません。

芸能人の『〇〇さんのイメージカラーでお願いします』というご依頼も、本当であればお受けしたいのですが、色が変わる為、お約束出来ません。

届いた後でご不満を頂戴しても、機種違い・画像違い以外は作り直しはしておりません。

『色が違う』『なんか汚れが付いてる』『写真だとわかりづらいけど傷が付いてる』『側面付近が、ぼやけてる』などなどのご不満は、対応出来ません。

 

弊社は、出来る最善の方法で製作しております。

色が変わらないようにしたいのは、弊社が一番感じています。

それでも変わってしまう事があります。ご了承下さい。

色落ちについて

【色落ちについて】

【ハードカバー・ソフトカバーの場合】

ケースは、本体に直接印刷する為、印刷面が剥がれる事はありませんが、場合によっては、色落ちしたり、汚れたりします。

ベタ塗りや色の濃い画像、青系緑系の色の場合、色が落ちる場合があります。

エタノール等のアルコール系の液体で、全体をふき取って下さい。

インクが落ち、色が薄くなりますが、【印刷が剥がれる事はありません】

色落ちした場合は、上記の方法でふき取って下さい。

もし、上記の方法で完全に印刷が剥がれて(カバーが真っ白になって)しまったら、再度作りし直します。

 

【手帳型の場合】

 背表紙など、摩耗しやすい箇所は、使い方次第で、数日でも色が落ちる事があります。

ベタ塗りの場合は、背表紙・留具が、色落ちしやすいです。

落ちる理由は、素材や画像の相性などが考えされますが、短い期間で色が落ちても、作り直し、返品、返金はお受け出来ません。

 

【対処方法】

クリアのスプレーを吹きかけると、膜が出来るので、色落ちしにくくなります。

アサヒペイントのクリエイティブカラーのクリアは、実証済みです。

送料をご負担いただければ、弊社で無料でクリア塗装をします。